6月1日 変なお天気

0

    朝から曇天、ときどき小雨が降りました。

    梅雨のはしり・・・と言った感じです。

    きのうまでの暑さが嘘のように、今日は涼しくて、

    といっても、これ位の気温が6月初旬としては当たり前なんでしょうけど・・・ね。

     

     

    雨が上がった午後、ちょっと庭に出てみます。

    昨夕、サフランモドキが咲いていたのを見つけたものですから・・・。

    あら、きのうはもっと鮮やかなピンク色だったのに、

    雨に打たれて色あせてしまったのかしら。

    まだまだつぼみが顔を出しているので、しばらくは楽しめそうです。

     

     

    大好きなグリーンアイスが、文字通りみどり色を濃くしていました。

    今年の花付きは見事です。

     

     

    まだまだ、ほら、こんなにつぼみ・・・。

    グリーンアイスはつぼみの時は薄いピンク色です。

    時間とともに色を変えるこの花に魅了され続けています。

     

     

    夾竹桃も咲き始めました。

    今日は、ずっとこんな曇天・・・

    と思ったら、3時ごろには激しい雷雨になりました。

    栃木の天気には、今もって振り回されっぱなしです。(笑)

     

     

     

    さてさて、一番お見せしたかったのが、これ。

    我が家のクレマチスが、やっと咲きました。
    5月の初めには、どのお宅のクレマチスも咲き始め、

    今ではもう見頃を過ぎてしまったというのに、我が家のクレマチスは一向に咲く気配を見せず。

    つぼみを見つけた時は、狂喜乱舞していました。(笑)

    実はこのクレマチス、サマーガールという名の夏咲きの花なんです。

    2年前にもらって、地植えにもしていないのに毎年咲く、優秀な子です。

    優秀は優秀なんだけど・・・

     

     

    花がこんなに小さいの。

    私の人差指と比べてください。

    ねっ?小さいでしょ?

    手入れが行き届かないせいか、肥料不足か、年々花が小さくなります。

     

     

    小さいけれど、なんともキャッチーな色で存在感ありありです。(笑)

    去年は、7月ごろに咲き始めたので、

    今年も梅雨を跨いでもっと花を咲かせてくれることでしょう。

    曇天でも涼しいのは助かるし、

    雨が降っても植物たちには恵みの雨。

    今日の天気も、そう悪くない、そう思うことにします。(笑)


    ホワイト&ブルーガーデン

    0

      先日お伝えした満開の白モッコウですが、お隣のご主人に伐採されてしまいました。

      満開とは言え、まだつぼみもたくさんついていたのに〜。

      お隣の奥様には、邪魔なら切ってくださいね、とお伝えしてあって、

      その都度、綺麗だから楽しませてもらっています、とお返事いただいていたのに〜。

      赴任先から一時帰国されてるご主人には、綺麗だとは思えなかったようで・・・。

      ・・・。

      ふ〜、ご近所づきあいは難しい。(笑)

       

       

      気を取り直して・・・。

      白モッコウはほとんど色のない状態になってしまったけど、

      我がホワイト&ブルーガーデンは健在です。

      いえ、それほどのものでもないんですが、

      宿根草は、毎年必ず咲いてくれますから・・・。

      ブラックベリー、今年もつぼみがいっぱいです。

       

       

      今年はちょっと遅いようだけど、開花するとこの辺り一面真っ白になります。

      白モッコウの代わりに、いっぱい愛でてあげましょう。

       

       

      コデマリも、今年は幹が育って、ブッシュ化しています。

      柳状に伸びる清楚な感はないけれど、その分とても豪華です。

       

       

      シラン、絨毯状態です。

      日本でブルーというと、大抵こんな紫系のものを指します。

      彩りとしては十分です。

       

       

      白のシランも育って来ました。

      こちらは斑入りなので、なおさら白っぽく写ります。

       

       

      ホワイト&ブルーガーデンの中でひときわ異彩を放つ、セージ。

      大好きなリップスティックという品種、もっとピンクっぽかったんだけど、

      歳を重ねるごとに先祖返りして、真っ赤っかになってしまいました。

       

       

      それでも今年は、こんな白っぽいのも現れて、

      出来れば白だけ残して切ってしまいたいものです。(笑)

       

       

      ミニバラのクリーンアイス。

      この時期だけ、薄っすらピンク色の斑が入ります。

       

       

      つぼみもたくさん。

       

       

      ニワゼキショウ。

      雑草ですが、可愛いし、一応、ブルー系なので・・・。(笑)

       

       

      これも雑草ですが、ご存知シロツメグサ。

      白の彩のひとつとして・・・。

       

       

      都忘れのこのブルーは、とても美しい。

      放っておいてもとっても丈夫で、毎年株を太らせます。

       

       

      ね、ね、これぞ、ブルー。

       

       

      ピラカンサのつぼみ。

      切り詰めすぎて、去年は花が咲きませんでしたが、

      今年は元気を取り戻したようです。

      真っ白な小花をたくさん咲かせます。

       

       

      唯一の黄色。(笑)

      葉色、葉姿が好きで育てているガーデンルーですが、

      黄色い花に毎年悩まされています。(笑)

      ま、初夏の黄色は元気色だから、いいことにしましょうか。(笑)

       

       

      零れ種で庭中に広がっているポリゴナム。

      気遣ってくれているのか、他所のより白っぽいんです。

      ポリゴナムのピンクは可愛いので、もっとピンクでもいいのに・・・(笑)。

       

      一雨ごとに花は色を増しています。

      我が庭も、もっともっと白と青とが濃くなっていきます。

      今日はお天気。

      わ〜、西日が眩しくなってきた〜。

      お隣のご主人のせいだ〜。(笑)

       


      モッコウバラの白

      0

        お伝えした通り、今年初めてモッコウバラの白が満開になりました。

         

         

        美しい・・・はずだったのですが・・・

        ちょっと地味。(笑)

         

         

        しかも、アップだと尚更ショボい感じです。(笑)

         

         

        清楚、という意味では黄色に勝ってはいるのですが・・・

        日当たりも、白の方が断然いい場所に植えてあげているのに・・・

         

         

        黄色は相変わらず元気です。

         

         

        五月の空に映えるのは、やはり黄モッコウのようです。

         

         

        それでも、それでも、嬉しいんです。

        待ち焦がれた満開です。

         

         

        派手さで勝っている分、黄モッコウを育てる人の方が多いのかもしれません。

        目立たなくたって、派手さがなくったっていい。

        我が愛する白モッコウ、初めての満開、堪能します。


        新芽・新緑

        0

          明るい日差しに誘われて、レースのカーテンを開けてみると、

          放ったらかしになった我が庭にも春の彩が・・・。

          庭に降りてみます。

           

           

          例年、ショボショボの小さな花しか咲かせなかったハナミズキが、

          今年は大輪の花を見せています。

          あ〜、これって花じゃないかも・・・、ま、いいか。(笑)

           

           

          去年切り詰めた桃も、今年は見事なピンク色でしたが、

          花の時季は過ぎてしまったようです。

          実に期待します。(笑)

           

           

          高野槇にも新芽。

           

           

          ブラックベリーも大木になり過ぎたので切り詰めました。

          それでも元気にシュートを伸ばしています。

           

           

          枇杷は切り詰めには弱いようで、今年は実は期待できそうにありません。

           

           

          足元にも春の息吹。

          すずらんの絨毯は偏在です。

           

           

          仲よく三つ子。(笑)

           

           

          可憐な姿はもうしばらく楽しめそうです。

           

           

          これ、なんだろう。

          去年まで気づかなかった、なんとも楚々とした花です。

          しかも草ではなく、木です。(笑)

          気付かなかったなんて・・・(笑)。

           

           

          クリスマスローズはまだまだ元気。

          次々に花を咲かせ、20輪くらい咲いています。

           

           

          大好きなスノーフレーク、今年もきれいだけど、
          ちょっぴり時期を逸してしまったようです。

           

           

          雨に弱くて、皆うなだれています。

           

           

          満天星、今年は花数が多くてとても豪華です。

           

           

          豪華と言えば、これ、ネジバナです。

          雑草ですが・・・

           

           

          可憐な花ですが、これだけ集まると圧巻です。

          ここはブルーの絨毯・・・

           

           

          ここはシランが花芽を上げています。

          もうすぐ紫の絨毯に・・・

           

           

          柚子の新芽です。

          去年は数個しか採れなかったけど、今年はたわわに実りそうです。

           

           

          コデマリも花芽をたくさん付けて、出番を待っています。

           

           

          ガーデンルーの新芽。

           

           

          葉陰にハナニラもたくさん咲いています。

           

           

          イベリスはまだ一輪。

          今年はちょっと遅いかしら。

           

           

          斑入りのツルニチニチソウは、相変わらず元気です。

           

           

          ポリゴナム。

          ついにあちこちに根付いて、雑草と化しています。

           

           

          さてさて、何よりうれしいのは、これ。

          モッコウバラですが、これは間違いなく白です。

          毎年黄モッコウばかりで白が咲かなかったのですが、

          今年は白がたくさんつぼみを付けています。

           

           

          西日を遮るグリーンカーテンにし始めたのが4年前。

          幹もかなり太く成長しました。

           

           

          明日から雨の予報が出ています。

          ゴールデンウィークには真っ白なカーテンになるかしら。

          月日はあっという間に過ぎ去るようで、その実、

          草木を着実に大きく育てているのですね。


          陽ざしに誘われて

          0

            この三連休はお天気に恵まれて・・・。

            我が家は祭日は関係ないので、いつもの週末ですが、

            春先どりのこの晴天は、嬉しいものです。

            陽ざしに誘われて、庭に出てみます。

            なんと、およそ半年ぶり・・・(笑)

            玄関ドアから門扉まで、全く庭を通らないこの家の構造にも問題はあるのだけれど、

            やはり忙しさに花を愛でる余裕さえなかったってことでしょう。

            実は、ご近所のお庭に、クリスマスローズの開花を見かけたものですから、

            我が家のはどうかしら、と気になったわけでして・・・

             

             

            ちゃんと咲いていました。

            我が家のクリスマスローズは3種類。

            この紫色と、

             

             

            奥ゆかしい白と、

             

             

            この、花の部分まで緑色の原種です。

            毎年、2色ずつしか咲かなかったのに、今年は3色とも開花しました。

            例年にも増して手入れを怠った今年は、全く期待していませんでした。

            ・・・というより、雨が少なかった最近の天候に、

            枯れてしまっているとさえ思っていました。

             

             

            実は・・・

            紫の花の葉は、病気にかかってしまったようで、

            全貌はあまり美しくありません。

            それぞれ小さい株だったので一鉢で育てていましたが、

            別々の鉢に移し替えないといけないかもしれませんね。

             

             

            いずれにしても花だけは美しく咲いて、ちょっと感激しています。

            原種のこの色は、中でも特に美しい。

            ほんのりと紫を帯びていて、なんとも楚々とした清潔さを感じます。

             

             

            すぐ横の沈丁花のつぼみも、ほころび始めています。

             

              

             

            ホレホレ・・・端から花が開いています。

             

             

            さらに日当りのいい南向きは、こんな感じ。

            白の沈丁花は、香りが大人しいために、この程度の開花じゃ気づきません。

            あと数日で、香りが漂うはず・・・。

             

             

            もうひとつ、地味な香りの銀木犀が咲いていました。

            この子は丈夫な上に四季咲き。

            なんて優秀なの〜。

             

             

            見上げると白木蓮もつぼみをほころばせていました。

            木蓮は、ベランダからの方が見栄えがいいので、後日ご報告を・・・。

             

            陽ざしに誘われて庭に出て、今年も自然の逞しさに驚かされました。

            毎年毎年、元気な花姿を見せてくれて、感激です。

            明日もお天気。

            草むしり位してあげなくっちゃ、罰が当たりますよね。(笑)


            今年もたわわ

            0

              去年までは毎日毎日庭に出ては収穫したものでしたが・・・

               

               

              今年は忙しくて、ほとんど収穫できていないブラックベリーです。

              こんなに食べごろに色づいているのに、

              鳥が啄んでいるところを見たことがありません。

               

               

               

              どうせ収穫できないのなら、大好きな鳥さんたちに食べてほしいものです。

              今年も、たわわに実ったブラックベリー、

              熟して土に返るなんて、ちょっと寂しい気がします。


              丈夫な子

              0

                連日出たり入ったりで、水遣りさえ、まして草むしりなど

                全くしていない我が家の庭。

                全貌なんてとてもお見せできない状態でありますが・・・(笑)。

                 

                1週間ほど前に、ちらりと撮っておいた写真です。

                 

                 

                 

                我が家のクレマチス、サマーガールが咲いていました。

                よそ様のクレマチスはもうすでに花色を見せなくなっているのに、

                さすがに夏咲きのサマーガール、見事な色を誇らしげに目立たせていました。

                 

                 

                 

                まだまだつぼみもたくさんついています。

                狂い咲きではありません。

                夏咲きの丈夫な子です。

                 

                 

                 

                そして・・・

                出がけに慌てて撮ったのでかなりボケてますが・・・

                鮮やかな色のサフランモドキです。

                ツルニチニチソウの蔓が蔓延る中、毎年ニョキニョキと顔を出します。

                我が家で毎年開花するのは、相当丈夫でなければ無理なんです。(笑)

                健気な花色に、少しだけ声をかけて出かけます。

                頑張って・・・

                 


                寂しい庭

                0
                  六月の花といえば、紫陽花ですが、
                  残念ながら我が家には紫陽花がありません。
                  引っ越す先々で、好きな色の紫陽花の苗を買って来て育てはするものの、
                  いつの間にか枯らしてしまって・・・

                  そんなわけで、この憂鬱な季節を彩る紫陽花がない我が庭は、
                  色彩を欠いて、とっても寂しいです。




                  彩を、こんな雑草にさえ求めています。
                  ベンケイソウ、雑草といえども芝を縁取るようにびっしりと咲く、
                  その姿は圧巻です。
                  思わず目を凝らします。
                   


                  あまり花芽を付けない我が家のツツジも、今年はところどころ
                  鮮やかな花を咲かせています。

                   


                  サルビアも雨が降る度色あせて・・・
                  でもこの花は、次々と穂を上げて、真夏まで頑張る優秀な花です。
                   


                  雨あがりには小さい虫たちが集まるけれど、
                  花が少ない庭は、虫にとっても寂しいのかも・・・





                  年々増殖するルーの花。
                  花姿はあまり美しくないこの花も、寂しい庭の賑やかしには、
                  充分なっているようです。
                   


                  ただ、すぐに花びらを落とし、こんな姿に・・・(笑)。

                  寂しい庭も、来たる次のシーズンに向けての準備です。

                  あ〜、紫陽花撮りたい!(笑)
                   

                  暑さに耐えて

                  0
                    なんだか暑くなるのが早くって、今年の夏はどうなってしまうのでしょう・・・
                    雨季の前に、毎日水遣りをするのは、初めての経験かもしれません。




                    毎日の水遣りは、ひとえにこの子のためです。
                    わが愛するグリーンアイス。
                    四季咲きとはいえ、この季節に一番花を、
                    そして一番美しく大きな花を付けます。
                     


                    花びらの外側が緑色になっているのが見えますか。
                     


                    次から次に咲く花が、競うように薄ピンクから白、そして薄緑へと色を変えます。
                    この美しい花色のために、毎日水遣りを欠かせません。
                     


                    だって、暑さに耐えているんだもの。
                    しかも、こんなにたくさんつぼみを付けて・・・
                    私も頑張るから、いっぱい花を咲かせてね。
                     


                    我が家のヒョロヒョロのピエールドロンサール。
                    一番花が付きました。
                    ほんの数輪しか咲きませんが、大切に育てています。
                     


                    都忘れが、暑さで色あせてきました。
                     


                    秋にもう一度返り咲くので、
                    無理しなくていいわよ〜と思わず声をかけました。(笑)
                    頑張って水遣りをしてはいますが、
                    早い暑さに、庭木たちも負けそうです。
                     


                    庭の奥の方、我が庭に似合わない赤い花が・・・
                    ケイトウの花のようですが・・・
                    えっ?はじめまして・・・だよね。
                    ケイトウは暑さに強いのでしょうか。
                    しかも、この時季の花?
                    異常気象ですから、花だって咲く時期を間違えても仕方ありませんね。(笑)

                    虫君のおかげ

                    0
                      今年は暑くなるのが早くって・・・
                      だって、まだ5月ですよ。
                      真夏はどうなっちゃうんでしょうか・・・



                      しかたなく、毎朝水撒きをしています。(笑)
                      夏の花々の芽吹きより先に、雑草たちが喜んで芽を出しています。
                      ニワゼキショウ・・・これはかわいいから、ま、いいか・・・(笑)。



                      シロツメグサも芝をかき分けて・・・。



                      わっ!可愛い花!
                      え〜、なんて花だろう・・・
                      色といい、可憐さといい、好みです。
                      これ一輪だけ・・・雑草だろうけど、名前はあるでしょうから調べます。
                      増えるといいな〜。



                      ブルーのサルビアが盛りです。
                      こういった地味目の花ばかり蔓延ります。



                      さて、そろそろ主役の登場です。
                      ミニバラながら美しい花をたくさん咲かせる、グリーンアイスです。



                      つぼみがいっぱい。
                      咲いた後の、だんだん緑に染まっていく姿も美しいんだけど、
                      ピンクの混じったつぼみの姿もまた美しい。



                      何よりも嬉しいのは、つぼみにも葉っぱにさえアブラムシがいないことです。



                      今年のテントウムシ君は、特別働き者のようです。(笑)
                      その他の益虫たちも頑張っています。
                      働き者の虫くんたちのおかげで、今年はバラが綺麗です。

                      | 1/24PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM