ん?蝶?

0

    台所で、夕飯の後片付けをしていると、何やらチラチラと、

    視界をかすめるものがあります。

    近頃屯と視力の衰えを感じ、何か悪い病気でも、と不安になっていたところです。

    洗い物を止め、泡だらけの手を洗い、辺りを見回すと・・・

    ひらひらひら・・・

     

     

    リビングの壁にとまったのは・・・

     

     

    なんと、モンキチョウでした。

    ね?紋はよく見えないけど、モンキチョウでしょう?

     

     

    紋をよく見ようと、反対側から撮ろうとすると・・・

    ひらひらひら・・・

    必死で逃げ回ります。

    天井付近を飛び回ったかと思うと、カーテンにとまったり・・・

     

     

    飛び疲れて着地したのがフローリングの上。

    捕まえて、どアップを撮ろうと思ったけど、

    羽根ももげんばかりの抵抗にあって、可愛そうなので表に放してあげました。

    それにしても・・・

    家の中にモンキチョウなんて・・・

    ちょっと不安になって、農家さんからもらって新聞紙にくるんだままのキャベツを確認しました。

    さすがに、新聞紙の中から成虫になって飛び立つことはないと思うけど・・・(笑)。

     

    田舎暮らしは楽しいぞ〜。

    家の中を蝶が舞うなんて・・・(笑)。

    コウモリまで舞ってたことがあるんですから・・・(笑)。

    こんな楽しい我が家なのに、

    我が家の子供たちと来たら、Blancもキキも、

    逃げ場を求めて飛び回る蝶々を見ても、

    追いかけるでもなく、寝返りを打っただけだったんです。

    ・・・どうかしてる!


    ムラサキシジミ

    0

      早くも真冬のように寒い日が続いています。

      それでも、日差しさえあれば、明るい小春日和です。

       

       

       

      自然界も、そろそろ虫の姿も見かけなくなってきましたが、

      いいお天気に誘われて、蝶が舞っています。

       

       

       

      美しい羽色です。

      ムラサキシジミのようです。

       

       

       

      以前ご紹介したルリシジミより、一回り大きな体長と、

      さらに濃い紫色が特徴です。

       

       

       

      名残の陽射しに羽を広げて、忍び寄る厳しい季節に備えます。

      陽射しが嬉しいのは、人も昆虫も皆同じ・・・

      今年の冬は、例年に増して厳しそうですから。

       

       

      フォームが崩れてしまっていますが、ご心配には及びません。

      本人、気付いてはいるのですが、なにせ、時間が無いものですから・・・(笑)。

      早急に対処します。(笑)


      威嚇

      0

         

        急に秋らしくなって、肌寒い日が続いたと思ったら、

        昨日なんて夏日だって・・・

        あと数日で11月だというのに・・・ね。

        体調崩しまくりです。(笑)

        自然界の生物たちは、この不思議な気象状況に、

        何を思うのでしょうか・・・

        冬が温かいのは、越冬が楽でいい、そう思うのかしら・・・

         

         

         

        今年はあまりお目にかかれなかったスズメバチ。

        散歩の途中で見つけたけど、いきなり威嚇してきます。

        身体を低くして、今にも跳びかかりそうな姿勢・・・

        危ない!

        ・・・でも、この姿、何かに似ている。

        ・・・

        そうです、風の谷のナウシカの、テトです。

         

         

         

        身体をなお一層低くして、こっちを警戒しています。

        お、目が合った・・・(笑)。

         

         

         

        こうなってくるともう、テトにしか見えません。(笑)

        キツネリス・・・だったっけ・・・

        いや、テトのモデルはキイロスズメバチだったと、確信しました。(笑)

        できれば、肩に載せて散歩をしたい・・・

        そんな風に思う私には、凶暴だといわれるスズメバチも、

        敵ではないと認識したようで、ただ静かに見つめ返すだけでした。

         

        スズメバチ飼いたい!・・・相変わらずおバカな私です。(笑)

         


        ナガコ健在

        0

           

          我が家の庭の守り神、ナガコ、今年も健在です。

          むろん、同じ個体かどうかは定かではありませんが・・・

           

           

           

          緑をバックに、いい写真が撮れた!

          蜘蛛の巣の網目もちゃんと写っています。

          賢い子で、人間に駆除されることを避けての、

          な、な、なんと地上5mのスイートホームです。(笑)

           

           

           

          見づらいのでバックを移動。

          こうすると蜘蛛の巣の網目は見えなくなるけど、その代り、

          ほら、雄を従えての勇姿が判ります。

          スイートホームと言ったのは、夫婦仲良く暮らしているから・・・

           

           

           

          げっ、何か食べてます。

          おこぼれに与ろうと、後ろで雄もバタバタ・・・

          ちょっとグロテスクすぎました。(笑)

          それでも、働き者のこの子たちのおかげで、我が庭は、

          うっとうしい虫たちから守られています。

          頑張れナガコ、

          応援しています。(笑)


          殿様・・・なの?

          0

            フェンス横のコスモスの枝に、なにやら蠢くものが・・・

            ムムム・・・

             

             

             

            虫くんたちは擬態も上手い。

            ならば、出来る限りのズームで・・・

             

             

             

            ほら〜、見えた?

            後ろあしの脛節(けいせつ)の、鮮やかなオレンジ色まではっきり見てとれます。

            体長は5〜6僂發△蠅泙垢茵繊

            う〜、見事です。

             

             

             

            バッタの種類には詳しくないのだけれど、

            トノサマバッタでしょう。ね?

            この風格、まさに殿様です。

            立派です。

             

            もっとよく見ようと近づいたら、

            強靭な脚力と大きな羽根も駆使して、5mもの距離を跳んでいきました。

            きれいな放物線を描いて跳ぶその姿は、威風堂々、

            まさにその名にふさわしいものでした。

             


            キリギリス飼ってます(笑)

            0

               

              ゆっくり過ごす夜の時間、あらぬ方向からの視線に気づき、ふと頭を巡らせると、

              リビングの壁に・・・

               

               

               

              あら〜、キリギリス〜。

              どこからか入り込んで、出られなくなってしまったようですが、

              傷つけてしまいそうで、捕まえることも憚られます。

               

               

               

              上へ上へと昇っていきます。

              悪さもしないでしょうから、このままにしておきましょう。

              大きな虫かごで飼ってもらえて、あなた、幸せよ(笑)。

              でも、餌は? (笑)

               

               

               

              今朝は、こんな感じ。

               

               

               

              カーテンを昇ってます。

               

              そうそう、昨晩お風呂場に入ると、

              蜘蛛の子を散らすように逃げる夥しい小さな黒い影。

              コオロギの赤ちゃんでした。

               

              我が家は、リビングでキリギリス、お風呂場でコオロギを飼ってます。

              風流でしょ〜。(笑)


              短き命

              0

                私のブログが、いつの間にか虫ブログになってしまった・・・(笑)。

                この夏忙しすぎて、虫や自然を愛でる時間が少なかったことを反省し、

                望遠ぶら下げて、ウロウロしてみました。(笑)

                 

                 

                 

                夏が終わる前に会えました。

                 

                ここ栃木では、朝晩はそろそろ秋の虫の音色が響く季節となりましたが、

                日中は、まだ蝉の声も聞かれます。

                 

                 

                 

                セミの寿命は1週間、なんて言われて儚いもののたとえにされているけれど、

                実はひと月くらいは悠に生きるそうですよ。

                捕まえて来て虫かごなんかに入れておくと、1週間くらいで死んでしまうので、

                寿命が短いと思われているようですが、

                自然界で自由に暮らしていると数か月生きる個体もいるんだそうです。

                最近では、虫捕りをする子供も減って来ているでしょうから、

                その寿命は、もっと延びているかもしれません。

                ただ、地中には数年いるわけですから、

                地上に現れてからの命は、短いと言っていいのかもしれません。

                 

                 

                 

                アブラゼミ・・・

                私の子供の頃は、クマゼミやらニイニイゼミやら、もっと種類も豊富だったけど、

                最近では、このアブラゼミしか見かけなくなりました。

                声は、いろんな種類が聞こえてくるような気がするんですけど・・・。

                 


                トンボ舞う

                0

                   

                   

                  公園にたくさんのトンボが舞っています。

                   

                   

                   

                  飛び回るトンボを撮れるほどの技術はなく・・・

                   

                   

                   

                  こんな写真ですが・・・

                   

                   

                  アキアカネかな・・・

                   

                   

                   

                  ヤンマかな・・・

                   

                   

                   

                   

                  いずれも、まだ赤みを帯びていず、秋がまだ遠いことを物語っています。

                   

                   

                   

                  爽やかな青色が目立つ、夏トンボです。

                   

                   

                   

                  トンボなんてお構いなしに、友達が来るのを待つBlanc。

                   

                   

                   

                  ひとりぼっちでも、ご機嫌なのです。

                   

                   

                   

                   

                  錦織圭、ベスト4です!

                  マレーを破りました!

                  実は、今回USオープンで圭が来ているユニクロのウエア―、

                  トンボの羽がモチーフなんです。

                  トンボは前にしか進まないから・・・だそうですが、

                  え〜、

                  トンボって、ホバリングしてる姿が目立ちますよね。

                  ・・・

                  今回の圭には、現状にとどまらず、躍進して欲しいものです。

                  頑張れ、圭!

                  前へ、前へ!

                   

                   

                   

                  ワタシも応援してるワン! (笑)


                  ルリシジミ

                  0

                     

                     

                    蝶もバッタも蜂も、見かけるには見かけるけど、

                    今年の夏は気持ちに余裕がなくて、愛でてあげることができないまま・・・

                    それでも、綺麗なシジミチョウを見つけました。

                     

                     

                     

                    この鮮やかな美しい色は、ルリシジミですね。

                     

                     

                     

                    絵本から抜け出たような、美しい色。

                    こんなに目立つ色で、自然界を生き抜けるのでしょうか・・・

                     

                     

                     

                    きっと、このすばしっこさが、生き抜く手立てなんでしょうね。

                    何匹も飛んでいるのに、カメラが追いつけません。

                     

                     

                     

                    あれあれ・・・

                     

                     

                     

                    恋のアプローチでしょうか。

                     

                     

                     

                    しつこく追いかけて・・・

                     

                     

                     

                    漸く恋が実ったようです。

                     

                     

                     

                    交尾しています。

                    ・・・ということは、右が雌、左が雄・・・

                    後ろが雄、といった方が解りやすいかな。

                     

                     

                     

                    自然界では概ね雄の方が美しい。

                    地味な雌を、美しい羽色の雄が追いかける姿が、あちらこちらで・・・

                    ルリシジミの恋の季節は、こんなに暑い夏の季節なんですね。

                    ・・・人間だって開放的な夏は恋の季節・・・

                    おんなじ・・・(笑)。


                    ランデブー

                    0

                       

                      ジャングル化した我が庭ですが、

                      虫くんたちにとっては天国の様で・・・(笑)。

                       

                       

                       

                      庭の奥、ツマグロヒョウモンが雌雄で激しく飛び交っています。

                       

                       

                       

                      羽先が黒っぽいのがメス。

                      オスの方は激しくアタックしますが・・・

                       

                       

                       

                      メスの方はちょっと思わせぶりです。

                       

                       

                       

                      それでも、漸く意気投合したようで・・・

                      素敵なランデブーを楽しんでね。


                      | 1/13PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM