小湊日蓮誕生寺

0
    信心深い父のリクエストで、誕生時をお参りします。



    わが実家は、日蓮宗の信徒で、両親ともに信心深い。
    私が、この寺をたびたび素通りしていると言ったら、この罰当たりがと叱られました。(笑)



    誕生時とは、日蓮聖人がこの地で生まれ幼少期を過ごされたことから。
    総門から入り、仁王門を抜けます。



    案外やさしいお顔の仁王尊、



    2体。



    書付をひとつひとつ読みながら歩いていると、かなりの距離ですが・・・



    長い参道を、感慨深げに歩く両親。
    それもそのはず、改修する前には父の寄贈の灯篭もあったのだとか・・・
    十年ほど前に改修工事があったらしく、参道は美しく整っています。



    山内はどこも美しい植栽で手入れが行き届いていて、
    いかに大切に受け継がれたお寺かがうかがえます。



    おや〜、日蓮聖人、お若いこと〜。



    日蓮聖人は、ご幼名を善日麿と称し、
    この地に12歳まで居られたとか・・・
    すべて、父の受け売りですが・・・(笑)



    祖師堂です。
    ここは、古いままなのかしら、ここだけ空気が違います。

    本堂も宝物殿も、奥の客殿まできちっとまわってお参りしたけれど、
    すべての写真を両親を入れて撮ったので、掲載できません。(笑)
    残念・・・



    50年ぶりの参詣を、父が心から喜んでいて、
    娘としてうれしく思います。
    南無妙法蓮華経、両親が、事あるごとに口ずさむこの法華経が、
    なんだかとても親しみある経文に思えてきました。
     

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    みんなのブログポータル JUGEM